個人再生とは

個人再生とは

「個人再生」とは、借金の減額を目的とした手続きのことを言い、裁判所を介して行います。
自己破産と似た印象を持ちますが、自己破産と違い、個人再生は住宅を手放さなくて良いという特徴があります(ただし、住宅ローンが減額できるわけではありません)。
個人再生は債務の一部の面積を求める手続きですが、誰でも利用できるわけではありません。 裁判所が「支払不能のおそれ」という判断をした者だけが利用できる手続きなのです。
また、安定した収入が求められ、住宅ローン以外の借入が5000万円以下であることが条件となります。